洋風おでん

洋風おでん

いわゆるポトフな洋風おでん。野菜達は甘く、肉たちは深みを出してくれて、とてもいい感じに仕上がります。

材料

<分量は多めです>

大根の大…1本

じゃがいも…10個

キャベツ…1玉

玉ねぎ…4個

ロール白菜…12個

鶏肉…500g

ローリエ

作り方

  1. まず熱湯で鶏肉(骨付き)を洗っておきます。
  2. 白菜は蒸しゆでにして、中身に合挽肉に粉チーズ、卵、パン粉、玉ねぎ微塵と塩・胡椒したもので巻き、ロール白菜にします。
  3. 鍋にダイコンと鶏肉、水を入れ、フタして煮込ます。少し柔らかくなり始めたら半分に切った玉ねぎ、じゃがいも、ロール白菜、ローリエを入れ、沸騰させてアクを丁寧に取り除き、塩をし中火で火を通します。
  4. 最後にキャベツを大きくざく切りにしたものを、具材を覆うようにして乗せ、フタをし中火弱で火を通します。
  5. (このときは、前日の夜に、キャベツを乗せる前までしておいて、当日の1時間前にキャベツを乗せました。塩味だけですが、大変深みのある洋風おでんに仕上がりましたよ。特にスープが何よりおいしくできたかな~と思います。やはり自然の旨みを信じるべきですね。)
※このレシピは、ブログから転載しています。普段の生活の中で作っている料理なので、アバウトな部分もありますが、日々の家庭料理の参考にしてください。

PAGE TOP