エプロン便り

エプロン便り > ゲストを招いてのおもてなしです。

ゲストを招いてのおもてなしです。

2022-01-11

話題に上るモノを入れ込んでスタート。 ゲストをお招きしてのオードブルです。暮れに漬けておいた白菜の漬物で握り寿司を作りました。酢飯に山東菜の芯の部分を刻み、柚子の皮とゴマを入れ込み握り、そして葉の部分で巻きました。これがイイ感じに仕上がり、お料理の始まりには丁度良い話題になりました。後は鯖のリネットをフランスパンに乗せ、リンゴにカマンベールと夫作の自家製オリーブの塩漬けを挟みお出ししましたが、最初に話題に上るモノを入れ込んで、楽しくスタートです。 それとサラダは、我が家のおもてなしの定番、一人一人に大きなサラダボウルでのたっぷりサラダです。 夫が庭で摘んでくれた色々の葉野菜達20種類位とポーチドエッグ、阿波尾鶏のスモークを刻み入れ、大麦フレークを散らし、NHKの「おはよう日本」で山武市へお伺いした時に頂いた葱ドレッシングを添えました。このタップリサラダが無いと始まらないと皆さんにおっしゃっていただきました、嬉しいです。 それと紅白のピクルスと、菜花の和え物です。 紅白は赤蕪とカリフワーのピクルスで、カリフラワーにはアニス風味のシロップを少し入れ込みました。菜花の和え物は、ピーナッツバター、醤油、塩で和えたものです。皆さんピーナッツバターの和え物は初めてと、とても喜んでいただきました。我が家は元旦にも作りましたが、今回はお持て成しと言うことで少し多めに入れ込みましたら好評で、やはりピーナッツバターはコクと甘味があるのですね。 後テーブルには乗っていませんが、里芋と八ツ頭と京芋を煮て、芋の食べ比べと、昨日ご紹介の巨大なお鍋のおでんです。 お正月早々にお集りいただき、、お節もいただいた後でしたが、少し変わった感とお正月雰囲気を醸しながらのおもてなしをさせていただく事にしました。。お正月雰囲気を醸しながら。

PAGE TOP