浜内千波 浜内先生のレシピサイト 野菜を食べよう サラダレシピ ダイエットレシピ おもてなしメニュー キッチン用品
浜内千波ブランド
教わろ!カラダに効くレシピ  
 
〜ヘルシーで、滋味あふれる優しい味〜
 
 
高野豆腐の煮物、カニあんかけ
 
 
レンズ豆寒天
発芽玄米リゾット
【材料】(4人分)

高野豆腐 5枚
カニ缶 1/2缶(身と汁を使います)
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
片栗粉 大さじ1/2
(大さじ1の水で溶いておく)
木の芽


【作り方】 ◇さあ!作りましょう!
  1. ボウルなどに水を入れ、高野豆腐を浸して、約5分ぐらい戻します。
    (ぬるま湯で戻すより水の方が、柔らかく仕上がるんですよ!)※
  2. カニ缶は身と汁を分けておきます。
  3. 戻した豆腐を手で優しく押して(きつく絞らないでくださいね)水気を切り、1枚を4等分に切ります。

  4. 広口の鍋に、カニ缶の汁、水2カップ、醤油、みりんを入れ、3の豆腐を重ならないように並べて火をつけ、すぐフタをします。

  5. 煮汁が沸騰したら弱火に落として10分間ほど煮ます。火を止めた後は、フタをしたまましばらく放置して味を含ませましょう。

  6. 5にカニ缶の身を半分ぐらい入れ、さっと煮たら、水溶き片栗粉を流し入れます。

  7. 残りのカニの身を入れ、とろみがついたら火から下ろし、器に移して、木の芽をあしらいます。


  8. ※ワンポイント「むかしはぬるま湯、今は水!」
    昔の高野豆腐はアンモニア処理されて作られていたので、 匂いなどを残さないために、ぬるま湯で戻していました。
    現在市販されているほとんどの高野豆腐は、重曹処理されたものです。
    「重曹」には、たんぱく質を分解して食材を柔らかくする性質があるので、 一度凍らせた豆腐を重曹の入った水に浸して解凍し、それを乾燥させて作っているのです。
    ただし、「重曹」はぬるま湯に浸すと溶けて、豆腐の外に流れ出してしまう性質があります。
    水で戻した方が、必要以上に重曹が抜けず、より柔らかく仕上がるというわけです。

             

水で5分くらい浸しておきます。
優しく押して水気を切ります。
カニ缶の汁も使います。
味を染み込ますためにフタをしたまましばらく放置します。
水溶き片栗粉でとろみをつけます。
豆腐の上にあんを乗せ、木の芽をあしらいます。
会社概要特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシーお問い合わせサイトマップリンク →法人向けお問い合わせはこちら
Copyright © Hamauchi's Kitchen. All rights reserved.無断転載を禁止します。