浜内千波 浜内先生のレシピサイト 野菜を食べよう サラダレシピ ダイエットレシピ おもてなしメニュー キッチン用品
浜内千波ブランド
教わろ!カラダに効くレシピ  
 
〜油を使わない!?〜
 
 
ノンオイル中華炒飯
 
 
ノンオイル中華炒飯

油なしでチャーハンをおいしくいただきましょう。味の決め手、きのこの旨味を上手に引き出して、ヘルシー中華と行きましょう!作り方は、いたって簡単!
発芽玄米リゾット
【材料】(4人分)

しめじ 1パック(食べやすい大きさに切る)
エリンギ 1パック(食べやすい大きさに切る)
冷やご飯 2合分
卵 1個
レタス 2枚(手でちぎっておく)

オイスターソース 小さじ1
酒 大さじ1
塩・胡椒 適宜
生姜 1かけ(みじん切り)
醤油 大さじ1
【作り方】 ◇さあ!作りましょう!
  1. フロン加工のフライパンにきのこ類を入れて火に掛けます。
    しばらくすると、きのこから水分が出てきて、チリチリと音がしてきます。
    そこにオイスターソース、塩・胡椒小々を加え、いったん取り出します。


  2. 空いたフライパンに溶いておいた卵、ご飯(冷やご飯)を入れ、中強火に掛けます。
    卵とご飯を切るようにヘラで混ぜながら、焼き飯にしていきます。
    途中、ヘラで押してあげると、焼き目が付き、パリパリ感が楽しめます。

  3. 炒まってきたら、酒、塩(小さじ1ぐらい)と胡椒、みじん切りした生姜、(1)のきのこを加え、切るように混ぜます。
    醤油を鍋肌に沿うように回し入れ、ちぎったレタスを加えて、2・3回混ぜたら出来上がりです。

きのこを炒めます
強火にして卵を入れます
ご飯を切るように炒めます
きのこも入れます

おいしいアドバイス 〜せっかくですから、植物油と動物脂など違いについて勉強しましょう。
オリーブオイル、ゴマ油など「植物油」は、胃の中で比較的簡単に溶け出しますが、 バター、肉に含まれる脂など「動物脂」の場合は、 人間の体内温度が、あぶらを提供した動物の体温以上の温度にならないと、うまく溶けることができません。つまり、体内に残りやすい「あぶら」ということになります。

また、植物油と動物脂は「あぶら」を構成する「脂肪酸」にも違いがあります。
植物油は、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸と呼ばれる不飽和脂肪酸を多く含み、動物脂は、飽和脂肪酸を多く含みます。
どの脂肪酸もエネルギー源となりますが、 植物油に含まれる不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロール、中性脂肪や血中コレステロールを下げるといわれています。特にリノレン酸は花粉症、アトピーなどのアレルギー症状の抑制、免疫能の正常化をするといわれているのです。
一方、 動物脂に含まれる飽和脂肪酸は過剰摂取すると、中性脂肪やコレステロールを増加させてしまいます。ですから、動物脂の摂りすぎには気を付けて下さいね!

会社概要特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシーお問い合わせサイトマップリンク →法人向けお問い合わせはこちら
Copyright © Hamauchi's Kitchen. All rights reserved.無断転載を禁止します。