浜内千波 浜内先生のレシピサイト 野菜を食べよう サラダレシピ ダイエットレシピ おもてなしメニュー キッチン用品

 

浜内千波ブランド
レシピ
いろいろ野菜のこんがり焼き、レバー添え
 
いろいろ野菜のこんがり焼き、レバー添え
材料
(4人分)
大根・・・1/2本
人参・・・1本
アスパラガス・・・1束
赤・黄パプリカ・・・各1個
オリーブオイル・・・適宜
椎茸・・・6枚ぐらい
白ワイン(または酒)・・・適宜
鶏レバー・・・300〜500g
塩コショウ・・・適量
粒マスタード・・・適量
ジェノベーゼソース・・・適量
乾燥ハーブ
(お好みで数種類をブレンドしてみてください)・・・適宜
※今回使用したハーブは、ピンクペッパー、オレガノ、ジンジャー、イタリアンパセリ、バジル、ペパーミント、タイム、ローズマリー、ブラックペッパーをブレンドしました。)
作り方

 

  1. 大根は皮を剥かずに厚さ1.5cm程度のいちょう切り、人参も皮付きのまま厚さ1cmの輪切りにします。
  2. 大きめの鍋(今回は鍋底が厚く蒸し煮に最適なストウブ社鍋を使用)に大根をなるべく重ならないように並べ、蓋をして蒸し煮します。(鍋底が薄く焦げ付きが心配なら、大さじ1の水を入れてくださいね)
  3. 大根に8分火が通ったら、人参を足し、更に蒸し煮します。竹串を刺さればOKです。
  4. アスパラガスは根元の固い皮をピーラーで剥き、半分に切ります。パプリカは縦に8等分します。それぞれに少量のオリーブオイルをまぶして軽く和え、塩・コショウをしておきます。
  5. 石づきをとり、白ワインか酒を少量振りかけ、塩コショウしておきます。
  6. レバーは開くように切ります。次に、手でゆっくりと、そしてしっかり、レバーを水洗いします。水は2〜3回替えて、臭みを取り除きます。
    ※レバーを水に浸けたままにしておくと、鉄分が流出してしまういます。ちゃんと手で洗ってくださいね!洗い終わったら、水気を切り、レバーの重量の0.9%の塩、コショウをふっておきます。
  7. 油をひいていないフライパンを使って、中火の強火でこんがり、水っぽくならないように焼いていきます。焼く順番は、火の通りにくい大根、人参からはじめて、アスパラ、パプリカ、椎茸の順が良いでしょう。
  8. 別のフライパンでレバーを焼きます。
  9. 外はカリッ、中はジューシーに仕上げたいので、レバーは強火で焼きます。片面が焼けたら、ひっくり返すと同時にブレンドした乾燥ハーブを振りかけ、更に焼いてください。※レバーは火を通しすぎると固くなり、独特のクセが出てくるので、強火で短時間で仕上げましょうね。
このレシピは、「ヘルシーなおもてなしレシピ」で紹介されました!
レシピ検索
その他のレシピは、レシピ検索から、お調べいただけます。 お野菜など具材から、ダイエットやおもてなしなどのシチュエーションからもレシピを探せます!
レシピ検索
会社概要特定商取引に基づく表記 プライバシーポリシーお問い合わせサイトマップリンク →法人向けお問い合わせはこちら
Copyright © Hamauchi's Kitchen. All rights reserved.無断転載を禁止します。